食の歴史その13~蒸留酒の始まり~

21 6月

こんばんは。今日も皆さんの暇つぶしになればと思ってコラムを書きました。
携帯、スマホで見ている人もいるだろうと考え、あえて画像は入れてません。

中東のイスラム教は酒を禁じていますが。現在では建前になっているようで、影でこっそりビールを少したしなむ程度なら大丈夫だったりします。

1000年ほど前のペルシャの詩人も月夜を眺めながらワインを飲む優雅さを詩にしていますので、この頃からプライベートで一人酒する程度なら大目にみられたようです。

そんな中東はワイン、ビール、蒸留酒の発祥の地でもあったりします。

今日は蒸留酒の歴史を辿っていってみようと思います。

蒸留酒がいつから作られたか調べますと。2700年ほど前に今のイラクで誕生したメソポタミア文明の人でした。

蒸留酒は果実、サトウキビ、イモ、ヤシなどを原料としますが。世界最古の蒸留酒はナツメヤシの実を原料に度数の強い蒸留酒を作っていたと推測されています。

東南アジア、インド、中東、バルカン半島、北アフリカ、スペインまでの広い地域に。アラック、ラク、アラキ、ラキ、オラカと言われる名前の蒸留酒がありまして。

原料や呼び方はそれぞれ違いますが。これは世界最古の蒸留酒の名前である「アラック」が広く伝わった名残とされています。

エジプトをはじめとする中東ではナツメヤシの実、トルコやバルカン半島ではブドウ、インドやスリランカではココヤシ樹液のトデー、東南アジアでは米やサトウキビなど原料は様々ですが。いずれも自然発酵させてから蒸留する手順は共通しています。

アルコール度数は作りたてなら40度、古い酒ですと70度ありまして。不純物のはいった安い蒸留酒を飲むと二日酔いが酷いそうです。

ちなみにオスマントルコ帝国から近代的なトルコ共和国を建国したケマル・アタチュルクはアラックを毎日およそ1?ほど飲んでおり。それで肝臓を悪くして病死しました。

そのため、酒を禁じるイスラム教の人からは建国の父ケマル・アタチュルクが大酒のみだったことから「背教者」と呼んだりする事もあったりします。

そのアラックは無色透明ですが。カシの木で作った樽に詰めて貯蔵するため、樽の色が染み出して淡い黄褐色のものが多いです。

一般には酸味があってクセがありますが。インドのスパイスをふんだんに使った料理や脂っこい中東の料理には不思議と合うそうです。

また、香り付けのために香草アニスの種などを加えますが。水で割ると酒に溶け出したアニス油の成分が化学反応を起こして白く濁るのが特徴です。

水が少ないと薄桃色に近い白色ですが、水を沢山入れて割ると灰色になったりします。

こうした色の変化を楽しむ点ではニガヨモギを使ったヨーロッパの蒸留酒アブサンに似ているかと思います。

この中東で生まれた蒸留酒アラックはアラビア商人を通じてインド、東南アジア、ヨーロッパへと広がっていきます。

日本史では鎌倉時代に元寇と言われ、日本にも攻め込んできた元の皇帝フビライがビルマへ遠征した1277年には中国にも蒸留酒のアラックが伝わりました。

そのため、モンゴル語やウイグル語では今でも蒸留酒の事をアラキと言います。

日本には江戸幕府が出来て間もない頃に長崎からオランダ人が東南アジアのジャワを経由して持ち込んできます。

オランダ人もアラキと呼んでいたせいか、江戸時代の日本人は「荒気酒」と記しています。

明治時代になりますと蒸留酒のアラックはワインとともにエキゾチックなものと認識されており。詩人北原白秋もそういった詩を書いています。

このアラックの語源ですが。古代ペルシャ語で「乳」を意味する「ラク」が由来だとされています。

このラクはローマ帝国の言葉だったラテン語にも取り入れられ。乳酸を意味するラクトや乳糖を意味するラクトースなど、様々な言葉に引用されました。

ものの本によると、日本語の酪農もじつはラクの当て字で。一説には乳を発酵させて乳酒を作ったことからラクまたはラケが「酒」という言葉になったという説もあります。

コラムはこれで終わりですが。皆さんいい暇つぶしになったでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。