Tag Archives: ジュリアス・シーザー

食の歴史46~古代ローマのディナー招待客の準備と公衆浴場

5 10月

こんばんは。今日も皆さんの暇つぶしになればと願ってコラムを書いみました。

今回もビジュアルでわかりやすくするために画像を多用する予定です。

古代ローマのディナーは夕方の5時か6時に始まりますが、招待された客はディナー当日の午後2時くらいに着替えを持った奴隷を伴って公衆浴場へと向かいます。

ここで奴隷と書きましたが、現代で言うなら信用できる使用人か執事といった役割です。

ジュリアス・シーザー暗殺の図

ジュリアス・シーザー暗殺の図

ジュリアス・シーザーが暗殺された時もジュリアス・シーザーに付き従っていた3人の奴隷が命がけでシーザーの遺体を自宅にまで運んだと言われています。

ここまで尽くしてもらえれば、主人が長年連れ添った使用人か執事に情が移り、主人の遺言状で自由人として解放される場合もありますし。奴隷にも給料があるので、ある程度貯めてから自分で自由を買い戻す場合もありました。

古代ローマのコイン

古代ローマのコイン

自分で自由を買い戻した場合、自分の値段の20分の1を奴隷解放税として国に払う必要がありました。

他にも役所に主人と一緒に出頭して手続きを行って解放されたり、5年に1度の住民調査で主人が自由にして自由人として住民登録されるなど、奴隷の身分から解放される方法は様々でした。

しかし、奴隷から解放されただけでは死後、財産を国に没収される被解放自由人という身分にとどまり、ローマ市民とはなれませんでした。

ローマ市民になるには前科が無く、5歳以上の子供を持ち。3万セステルティウス、現在の価値で1500万円ほどの財産を持っていないと法律でローマ市民になれませんでした。

元老院と議論する元老院議員

元老院と議論する元老院議員

ただ、古代ローマの政治を動かすエリート集団であるローマの元老院議員の数多くはルーツをたどると奴隷から解放されてローマ市民になった人たちだったりしますので、現代人が考える奴隷制度より柔軟なものだったようです。

古代ローマの図書館

古代ローマの図書館

こういう立場の奴隷に着替えを持たせて向かう先は入場料がパンより安い10円の。女子供や兵士、公務員の仕事をしている奴隷には無料で利用できる公衆浴場ですが。中でもカラカラ帝(在位209~217年)が作った公衆浴場にはスポーツ施設、講義用ホール、ラウンジ、食堂。そして珍しいのが図書館なども併設され。座席1600もあり、1日に8000人も利用できた総合レジャー施設でした。

スポーツする姿を描いた古代ギリシャの壷

スポーツする姿を描いた古代ギリシャの壷

古代ローマでは風呂の入る前にまずスポーツ施設で各種のスポーツを行い汗を流します。

このときに付き人の奴隷が主人の衣服を管理して盗まれたり、慌て者が衣服を間違えないよう番をします。

それから「スタドリウム」言われるサウナに入って汚れた汗を出し切ります。

汗をかいたら「トラクタトレス」と言われ垢すり係が木製、鉄製、もしくば角で出来た「ストリギル」という垢すり用スプーンで体をこすると、「トラクタトレス」と言われるマッサージ係が現れて体中を揉みほぐし、手際よくサーポーという洗剤で洗い流します。

千年間も愛用されてきたアレッポの石鹸

千年間も愛用されてきたアレッポの石鹸

サーポーは当事ゲルマニアと言われたドイツ周辺から仕入れた洗剤で。ソープ、シャボンの語源であり現代の石鹸の元祖でもあります。しかし、サーポーは途中で廃れてしまい。ヨーロッパで石鹸が本格的に使用されるようになるのはローマ帝国が滅亡してから300年ほど経った中世の時代となります。

羊毛

羊毛

この石鹸が無かった頃は粘土や木炭で洗っていたので、汚れがなかなか落ちず。そこから垢すりをして羊毛の毛ば立ったもので洗うので体がピリピリしてあまり快適ではなかったようです。

ハドリアヌス帝

ハドリアヌス帝

公衆浴場での体洗いにはちょっとした逸話がありまして。ハドリアヌス帝(在位117~138年)は公衆浴場に通って庶民と交流していた人ですが。ある日、大理石の壁に背中をこすりつける逞しい(たくましい)男に目が止まった。どこかで見たと考えてみると、かつて戦陣においてハドリアヌス帝の真っ先を駆け抜けて手柄をあげていた勇士だった。

ローマ皇帝ハドリアヌスのアウレウス金貨

ローマ皇帝ハドリアヌスのアウレウス金貨

ハドリアヌス帝が男を呼び止めて事情を聞くと、男は平和になってから運が悪く貧乏に苦しみ、背中を流す奴隷を一人も持てず、公衆浴場の係の者に背中を流すよう頼む小銭も無い身の上である事を語り。これを聞いて涙したハドリアヌス帝は奴隷二人と大金を与えた。

それから2~3日後、ハドリアヌス帝がまた公衆浴場へ向かうと、彼の目に付くように大勢が壁に背中をこすり付けていたのを見て呆れたハドリアヌス帝は「お互いに背中を洗え」と命じました。

閑話休題。こうして体を洗ってから「カルダリウム」という温かい風呂に入り。それから「フリギダリウム」と言われる冷水のプールで体を引き締めてやっと風呂から上がります。

客たちが入浴を済ませて家に帰ると「トンソレス」という理容師に髪の毛の手入れをさせます。

主な髪の手入れは白髪を抜くことですが、ハゲるのが気になってきますと白髪を黒や黄色に染め。それでも髪の毛が薄くなると、男性も女性もそれぞれカツラやウィッグなども使用しました。

他にはムダ毛の手入れですが、ジュリアス・シーザーは髪の毛と眉毛以外全ての体毛を脱毛させたと言われていますが。これは当事のお洒落でもありました。

当事はひげ剃りなどカミソリを使う作業は理容師に任せていましたが。現在のカミソリに比べて切れ味が悪く、皮膚を傷つける事も多く、そり残しや痛みもひどかったために。

「カミソリで小さな怪我をした場合、オイルと酢で湿らせたクモの巣を塗ると良い」

という対処法が残っています。

初代ローマ皇帝アウグストスの時代になるとプロの理容師でもカミソリで怪我させてしまう事態を考慮して客の顔に傷を負わせた場合の罰金などを制定したりしたほどでした。

男性は髭剃りが終わると、ハサミや毛抜きでヒゲの剃り残しなどを一本一本抜いたり。ロバの脂肪やキスゲの樹脂で作った脱毛ワックスを使って一気に抜いたりしました。

こうして招待客は風呂に入って家に戻り髪の毛の手入れやヒゲを剃ってスッキリさせますと、食べる準備として歯を磨きます。

大プリニウス

大プリニウス

前のコラムで歯を白くする歯磨き粉にポルトガル人の小便から取った尿素を使うと書きましたが。歯磨き粉はそれだけでなく、大プリニウスにの『博物誌』によると。

・野ウサギの頭蓋骨を灰にしたもの。また、それに甘松香(かんしょうこう)を混ぜたもの。

・オス牛の踵(かかと)を焼いた灰とエッセンシャルオイルを混ぜたもの

・オス鹿の角の粉末。または焼いた灰。

などなど、基本的には灰で歯を磨き、歯石を取り除いていました。

古代ローマでは口臭にも気遣っており。大プリニウスは、

「人間の息は質の悪い食べ物、歯の病気、年齢の増加によって臭くなる。経験によると悪臭のする息には、寝る前に純粋なワインで口をすすぐ事、朝、新鮮な水で何度も口をすすぐと良い」

と書き記しています。

初代皇帝アウグストス

初代皇帝アウグストス

古代ローマのセレブはディナーを口にする前、念入りに歯磨きするものですが。例外としてアウグストスは歯磨きに熱心ではなく、歯石は残っていても気にしなかったという話があります。

他にもアウグストス美食と縁が無く、粗末なパンと小魚、湿り気のあるチーズ、イチジクを好んだとされています。

腹が減るといつでもどこでも間食を取るのですが、間食の内容もナツメヤシの実とパン、またはパンに干しブドウをまぶしたものといったように質素な食事で満足していました。

医療も発達していない2000年前にアスグストスが死んだ時は76歳という驚くべき長寿だったのは粗食に秘訣があったのかも知れません。

ジュリアス・シーザー

ジュリアス・シーザー

アウグストスの家系は粗食の家系なのかアウグストスを後継者にする大叔父のジュリアス・シーザーも食事に無頓着とされるエピソードが2つほどあります。

一つは、現在のミラノでワレリウス・レオが食事に招いたとき、アスパラガスにオリーブ油と間違えて香油をかけてしまった。アスパラガスに香水をかけたものなので、普通は食べられたものではないのだが、シーザーは黙々と食べ。友人が文句を言うと、

「気に入らない物は食べなければいい。そういう事を不作法だと小言を言う者こそ不作法だ」

とたしなめました。

もう一つは、ある招待主が新鮮なオリーブ油の代わりに古くなった油を出したので、他の客は見向きもしなかったが。シーザーだけは主人の手落ちや不作法を責めたくないために、いつもよりおいしそうにたくさん食べました。

子豚の丸焼き

子豚の丸焼き

他にはシーザーが酒をあまり飲まない事も伝えられていますが、シーザーもアウグストスも客をもてなす場合は客に豪勢な食事を振舞って出し。シーザーはいっぺんにローマ市民20万人をまとめてディナーに呼び、ローマでも有名な料理人をたくさん呼んできて料理人同士を競い合わせ。それだけでも見物と市民に評判でした。

話がわき道にそれましたが、次こそはディナーの前菜。そしてメインディシュなどを紹介していきたいと思います。
皆さん。いい暇つぶしになったでしょうか?

広告

食の歴史その45~古代ローマのディナー準備~

16 9月

こんにちは。今日も皆さんの暇つぶしになればと願ってコラムを書いて見ました。

今回もビジュアルでわかりやすくするために画像を多用する予定です。

古代ローマでは「ケーナ」と呼ばれたディナーを貴族や金持ちが主催する場合、召使いが家から家を訪問し、口頭や紹介状で日時などの詳細を伝え。出席を確認しますと主催者は忙しくなります。

まずは召使いを集めて予定を伝えるばかりか、屋敷の中を巡って直接監督し。粗相がないよう、恥をかかないよう気配りするものでした。

特に気配りしたのは冷蔵庫のない時代。新鮮な食材とその吟味に神経をすり減らしました。

東京なら上野か浅草にあたるスプラの通りは売り買いの喧騒が激しく。露天や屋台の市場が立ち並び。野菜、魚介類、牛、豚、羊の肉などが並び。ガリア(現在のフランス)から運ばれてきたニワトリ、ガチョウ、アヒル、ウズウなども並んでいました。

スプラは市場だけでなく盛り場、遊び場としてローマ人に認識され。南国的で底抜けに陽気な場所でもありました。

ジュリアス・シーザー

ジュリアス・シーザー

ジュリアス・シーザーはこのスプラ付近に屋敷を構え、庶民と気安く付き合って人心を掌握していきます。

しかし、スプラは貴族や金持ちからしますと。安く仕入れる場所と見なされ、位の高い人にスプラで安く仕入れましたとも言えないし、舌の肥えた美食家なら言わずとも見破られたりしますので、カエサルの市場、トラヤヌスの市場と言われる現在の百貨店に相当する場所で鮮度のいい食材を仕入れるばかりか。時には料理人の組合に頼んで優秀な料理人を出張させてもらったりしました。

トラヤヌスの市場の最上階にあたる5階には海水プールと淡水プールの生簀(いけす)があり、ここではドーバー海峡を越えたイギリスはロンドンの近くの港町ルトゥピアエ(現リッチバラ)から数十日かけて運んできたローマで最上級とされたカキも生のまま仕入れる事ができました。

高級食材は新鮮魚介類ばかりでなく、遠くインドから取り寄せたために100倍の値段で売られていたコショウなどのスパイスなどもありました。

大プリニウス

大プリニウス

この珍しいコショウについてプリニウスは。

「ただピリっとするだけのコショウが珍重されるのは異常なことである。美味しい料理を食べたければ、腹を空かせればいいだけなのに・・・」

と書き記してあります。

ローマでのガルムの製法

ローマでのガルムの製法(文字が見づらい時は画像をクリックして拡大させてください)

コショウのような異国の珍品と違ってディナーに必要不可欠だったのは万能調味料の「ガルム」でした。

「ガルム」はタイのナンブラーのような魚醤(ぎょしょう)の一種で上に乗せたガルムの製法の図にあるように天日で腐らせた様々な魚を合計8ヶ月以上かけて塩水に漬け込むと魚肉のタンパク質が分解されてうま味成分のアミノ酸に変化していきます。

こうして完成したものを麻の布で濾過(ろか)された液体を「ガルム」、濾過した時に残る固形の残りかすを「アレク」と分類され、貧しい庶民は固形のアレクを粥に混ぜて食べていました。

ガルムは種類も豊富でマグロの内臓とエラと血液で作られたガルムが最上級とされ、現在の値段にすると3リットルで600万円近くの値段になりました。

このガルムは元々魚を腐らせたものなので、製品になっても大変魚臭く、古代ローマの料理書を書いたとされるアキピウスは、月桂樹と杉で燻してからブドウの果汁を加えて独特の臭みを消したと言われています。

皇帝ネロ

皇帝ネロ

このアキピウスは皇帝ネロの時代に大勢の料理人を雇い洗練された料理を創造したりもしていました。

自分の料理の知識を人にも伝えようと料理学校を開き、『ラルス・マギリカ』という古代ローマの料理書も残します。

アキピウスの料理書には卵料理も多く、カスタードプリンもアキピウスのアイディアだと言われています。

しかし、皇帝ネロの家庭教師セネカによりますと、ローマの大火事のあと黄金宮でネロが行った饗宴にならってアキピウスも当事のセレブを呼んだ大規模な晩餐会を開き、数十億円もの財産が湯水のように費やされました。

そしてある日。残った金額が現代の金額にして10億円相当の1千万セルティウスになった時。もはや宴を続ける事が出来ないと悟り、友人を招いて晩餐会をしたあと、財産がなくなり飢え死にする事を恐れて毒を飲み自殺したという伝説を残し、後世にはアキピウスの名を借りてペンネームにもされました。

古代ローマ人がいかに際限なくお金と労力をつぎ込んで食材、料理人の調達を行ったか書いてみましたが、次回は「ケーナ」というディナーに招かれた客の方のマナーなども書いていきたいと思います。

皆さんいい暇つぶしになったでしょうか?